本文へ移動
株式会社誠和設計事務所
〒550-0013
大阪府大阪市西区新町1-13-3
四ツ橋KFビル7F
TEL.06-6533-6136
FAX.06-6533-6153

ブログ

誠和ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

足元に積もった秋

2016-11-30
銀杏
寒さから逃げる様に歩いていると
落ち葉に足を取られ
急ぎ足になっていた事に気が付いた
立ち止まって見上げてみれば
街も衣替えを始めた様だ
秋は短くなり春はまだ遠い
この寒さを楽しめる様になれば
長い冬もどうって事ないのだろうが

いつか森になる日(その2)

2016-10-27
ポトス
ポトスを水につけているだけで
ポトスが生えてくるらしい
 
そう聞いてから一年以上が過ぎたんだけれど
私の机の上ですくすくぐんぐんと成長しております
 
事務所の引っ越しの際
いただいた植物達も
すくすくぐんぐんと成長し
森になる日は少しずつ少しずつ
近付いています
 
どうせなら
実をつける植物にしたらよかったか
いや
受粉しないと実は生らないのだったか
ならば
蜜蜂を飼えば良いのだろうか
いやいや
蝶がいいや
どうせなら

秋が来た

2016-09-21
秋の空
空が高くなって
秋がやって来た
いや
秋がやって来て
空が高くなった
いや
空が高くなって
秋がやって来た
やっぱり
秋がやって来て
空が高くなった
んー
空が高くなって
秋がやって来た
だな
 
空の高さに気付いて
あぁ秋が来ていたんだなぁと感じるっていう順番

連鎖

2016-07-29
鉛筆と削りくず
鉛筆をあまり使わなくなったから
鉛筆を削る事もほとんどしなくなった
 
小学校の掃除の時間に
鉛筆削りのダストボックスに残った細かい削りくずが気になり
ふぅーっと勢いよく息を吹きかけた事がある
やった事のある人ならわかるだろうが
思いもよらないスピードで
目にゴミが入るのだけれど
ものすごく痛い
 
鉛筆をあまり使わなくなったから
鉛筆を削る事もほとんどしなくなり
鉛筆削りを掃除する機会も減り
鉛筆削りのダストボックスに残った細かい削りくずが気になる事もなく
ふぅーっと勢いよく息を吹きかけて
思いもよらないスピードで目にゴミが入る事もなくなった
と思っていたのだが
先日、パソコンの掃除をしている時に
ついついふぅーーーーっとやってしまった
どうなったかは書くまでもない

わが身世にふる ながめせしまに

2016-06-29
紫陽花
梅雨は毎年、こんなにも雨が降っていただろうか。
去年はどうだったろう。
気がつくと夏が始まっていたのではなかったか。
 
季節の変化を感じる事が少なくなったのは、
うっかりと毎日をすごしているからではないか。
 
だから、かばんに折りたたみ傘が入っているのにもかかわらず、
ビニール傘を持ってきたりして、結局使わなかったり、
あげく、パン屋に置いてきてしまったりするのではなかろうか。
 
梅雨の時期に傘もなく、いったいどこへ行こうというのか。
 
かばんには折りたたみ傘が入ってるのに、
傘が無い、と、感じるのは、やっぱりうっかりと毎日を過ごしているからだ。
 
いや、違う。
 
うっかりパン屋に置いてきてしまったから、
傘が無い、と、感じたのだ。
TOPへ戻る