本文へ移動
株式会社誠和設計事務所
〒550-0013
大阪府大阪市西区新町1-13-3
四ツ橋KFビル7F
TEL.06-6533-6136
FAX.06-6533-6153

ブログ

誠和ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ベランダが冷蔵庫

2015-11-30
みかん
めっきり寒くなってきて
そろそろこたつを出そうかという季節
こたつにかかせない果物といえばみかんなのであるが
果物全般の話し
 
果物は買ってからすぐに食べるのではなく
しばらくおいてから食べるように言われるのだけれど
常温で保管しておいて下さいと言われる事が多く
え? 常温って外の気温? 室内? え? 室内は暖かいよ?
やっぱり外? 外はもう冷蔵庫とさほどかわらないよ?
なら冷蔵庫でいいの? 常温での保管は冷蔵庫でいいの?
どうなの? なんて迷っているうちに甘い香りが漂いはじめ
ではでは、こたつでまるくなりながら
おいしくいただきましょうかという事になる
 
熟すまでの時間の見極めは難しく
放置していたら気付かないうちに痛んだりしちゃうし
あせって早すぎても残念な思いをすることになるし
こたつでぬくぬくとばかりはしていられないのである

猿蟹合戦

2015-10-23
10月2日
10月23日
一枚目の写真は10月2日のもの
二枚目の写真は今日撮ったもの
 
水をかえる時に
根っこがのびているなぁと思っていたら
 
あら
なんと
葉っぱが
 
え!?
 
そこから!?!?!?
 
予想は予想でしかなく
思いもよらぬ結果になる事の方が多いけれど
そっちの方が絶対に楽しい

いつか森になる日

2015-09-18
ポトス
ポトスを水につけているだけで
ポトスが生えてくるらしい
この子は一週間ほど水につけていた子で
根っこが少し伸びた様に思う(葉っぱはつけない方が良いとの事)
 
こう書くと一週間でここまで大きくなったと
勘違いさせてしまうかもしれないので補足説明をしますが
長くなりすぎたポトスを切って
根っこ(になる部分)を水につけて一週間経ったというわけです
 
すでに何人かはやっているらしく
一ヶ月紙コップで育てた子の根っこは紙コップに絡みつき(内側だけれども)
紙コップ(水が入っている)を軽々と持ち上げてしまうほどに成長していて
そろそろ鉢に植え替えた方が良いだろうと感じるほど
 
成長する時期が決まっているみたいなので
森になるには少し時間がかかりそうです

可愛い子には旅をさせろ

2015-08-26
USB
USBの四ツ股である
 
少し前に使っていたのだが
必要がなくなったので外していた
ごくごく最近
また必要になったので使おうとしたら
あるであろうところに見当たらない
 
ひょっとして書き置きでもして出て行ったのかしらんと心配になりもしたが
そんな書き置きももちろん無い
あるはずない
無いなら無いで他の方法なりを考えるとよいのだろうが
必要だったからあったわけで無くてもいっかにはなかなかなれない
 
ここにあるだろうな
無いとなるととたんにどこを探してよいのかわからなくなり
順を追って思い出すけれどやっぱりそこにしかないという結論にいたり
同じ場所を何度も探し
結局自分の机の引き出しの一番奥にいたりする
 
使ってなくても
そこにあるだろうという安心感は
無いとわかるまで続き
なくした時の
どこいっちまったんだという喪失感は
出てくるまで続き
結局出てきた時の安堵感は
一瞬で消え去るのだけれど
やっぱりあって良かったなぁと
感謝の気持ちだけは残ったりする

声はすれども 姿は見えず

2015-08-07
蝉時雨
信号待ちの少しの時間に
直射日光をさけようと木陰に逃げ込めば
蝉たちの割れんばかりの大合唱
傘が必要なほどの音量に
蝉時雨とはよく言ったものだと感心していたのだが
いざその姿を探すとなると
いっこうに見つからない
よもやスピーカーでも設置して
否応も無く夏の盛りを演出し
アイスコーヒーの購買意欲をかきかてる為の
カフェの戦略ではあるまいかと
暑さでもうろうとなりながら枝葉を見上げていると
蝉を探していたのだか
スピーカーを探していたのだかわからなくなってくる
にわかに雨のしずくがおでこにあたり
あぁこれぞ言葉通りのにわか雨かと視線を空に向けると
飛び去る蝉の姿を視界の端にとらえた
蝉のなごりを汗と一緒にハンカチで拭き取りながら
蝉時雨の言葉の意味を考えた
TOPへ戻る